離婚調停前にまず弁護士へ相談

プロへ相談してまずは気持ちの整理を

離婚を決意するまでに、様々な葛藤があるでしょう。いろいろと悩んだ末に決断をするのが離婚です。しかし、離婚をして解決をするわけではなく、離婚後についても沢山考えることは出てきます。これからの生き方について考えることは何よりも重要です。子供をどうするかについてもしっかりと考えなければいけません。離婚を決断する前に誰かに相談することも大事ですが、相談する相手がいない人もいます。親身になって相談できる相手がいることはすごく大事ですが、誰にだってそんな相手がいるわけではありません。そんな人には、プロの相談場所を利用するのもいいでしょう。有料ではありますが、プライバシーはしっかりと守られ、専門知識もあり、しっかりとサポートしてもらえます。相談することによって、離婚をするのをやめる場合もあります。離婚せずに解決に向かうためにも、プロの人の力を借りるのも一つの方法です。絶対に離婚の意思がなくならない人でも、離婚後に向けての相談をするのもいいでしょう。自分では分からない情報などを聞くことが出来て、後々悩むことも軽減されていくのではないでしょうか。慰謝料のことなど、一人では分からないことは少なくはありません。スムーズに離婚にむけて進めたい人にもプロの人に相談するのはすごく心強いのではないでしょうか。

離婚調停の際の弁護士の選び方

離婚調停の際に頼りなるのが弁護士ですが、弁護士事務所は数多くあります。その中から依頼をする弁護士を選ぶにはどのようにして選べばいいでしょうか。一番いいのは知り合いに弁護士がいる場合です。何より信頼できるので、迷わずその知り合いの弁護士に依頼しましょう。また、自分の身近で離婚をした人がいれば聞いてみるのがおすすめです。実際にお世話になった弁護士がどうだったか、生の声を聞くことができるでしょう。その弁護士事務所が過去にどのような実績があるのかも重要なポイントです。いくら優秀な弁護士だったとしても、あなたの依頼内容である離婚調停に関わっていなけばあまり頼りにできません。しっかりと離婚調停の実績がある弁護士を選びましょう。
また、費用を明示しているところを選ぶのも大切です。後から追加料金などがかかってくる場合もあるので、費用についてきちんと丁寧な説明がない場合は避けた方がいいでしょう。自分との相性も選ぶうえで重視したいところです。初めに話をしてみて何か違うなと感じたらやめた方がいいかもしれません。今はネットでたくさんの情報を見ることができます。ホームページなども参考にして、実際に電話で問い合わせをし、印象の良かった事務所をピックアップしてみてはいかがでしょうか。