双方の意見が重要になる離婚調停

LIST

2017/08/24
離婚調停前にまず弁護士へ相談を更新しました。
2017/08/24
気になる慰謝料と弁護士への依頼を更新しました。
2017/08/24
離婚調停の相談相手と費用面を更新しました。
2017/08/24
離婚調停の内容と始める時期を更新しました。

離婚調停とは一体どんなものなのか

ワイドショーの芸能人の離婚ゴシップなどで、離婚に向けて動き出しているタレントの夫婦が離婚調停をするなどというニュースを目にする機会が時々あります。離婚調停という言葉は知名度が高いものの、具体的にはどんなものなのか、その概要をあまり把握していないという人も多いのではないでしょうか。離婚協議と混同している人も多いはずです。
離婚調停とは、離婚に向けた話し合い、つまり離婚協議がまとまらなかった場合やできない場合に行われます。夫婦それぞれに協議に応じる意思があるなら問題はありませんが、片方が話し合いに応じる意思がない場合や、一方的に自分の思い通りになるように強要しようとする人だった場合は、お互いが納得したうえで夫婦関係を解消するのは不可能です。離婚調停は、家庭裁判所から任命された調停委員が間に入ることで、円満な解決を目指すものなのです。離婚調停を家庭裁判所に申し出た側を申し立て人、申し立てられた配偶者の側を相手方と言います。離婚調停をする場合は、自分の方ではなく、相手方の住所地を管轄する方に申し立てる決まりになっているため、その点は間違えないようにしましょう。申し立てから一か月後に調停が開始されます。

離婚までの道のりを考えよう

夫婦の問題に第三者が介入していくことで、冷静な対応が取れます。そこで離婚調停を考える上では、双方の意見がどのようになっているかを確認することが重要です。離婚後に発生する慰謝料や親権の問題をクリアしていくには、合意できる条件がどこまで発生するかを検討すべきです。統計的に算出されているデータを振り返りながら、離婚後にそれぞれが前向きに生きられる環境を提供することが調停委員には必要です。
離婚調停を円滑に進行するには、申立書を申請してからのお互いの行動が大事になってきます。短期間で終えることを希望するなら、調停委員との接見の回数を増やして財産管理をまず収束させることになります。また子供がいる場合は養育費の設定が重大となり、支払い能力によって金額が決められます。合意できる条件が揃っていけば、数回の話し合いによって解決の糸口が見えてくるわけです。
離婚するまでいろいろなステップを踏むことになるため、自らの主張が有利に働くデータはとっておくべきです。証拠が提示されることで話し合いがスムーズに行くことがあり、弁護士を交えた議論へ発展しても強気に出ることが可能です。離婚調停の基本を学習しながら、理想のスタイルを確立することが大切です。

お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 離婚に対してお困りのあなたへ最後までしっかりと担当の離婚弁護士がお力添えさせて頂きます。 過去にあった当事務所の解決事例をHPにてカテゴリーごとに掲載させて頂いておりますので参考になれば光栄です。 離婚をするにあたってしなければならないことを当事務所の弁護士が丁寧に分かりやすくしっかりお伝えしていきます。 離婚調停でお悩みなら【オーエンス】へご相談を